新着情報

カテゴリー:

2022年2月のお花

  • 今週のお花

みなさま、こんにちは!

T.C Masterの朝日美千子です。

 

春の訪れが待ち遠しい昨今ですが、

みなさまやご家族のみなさまにはお変わりございませんでしょうか。

 

本日は、2月3週目のお花をご紹介させていただきます。

 

 

今回は桃の節句をイメージするような可愛らしいアレンジですね。

 

↑桃

桃の花の咲く季節は、春月後半~5月、ソメイヨシノよりも少し早く咲き始めます。

花の美しい品種はハナモモ(花桃)と呼ばれ、観賞用の花木として切り花や鉢植え、

庭木として愛されています。

桃の花には、一重咲き、八重咲きがあり、花色も白、ピンク、赤などがあります。

さらに枝垂れる品種や葉が紫色を帯びたようなものまで、たくさんの品種があります。

 

 

↑ブップレリウム

明るくきれいなグリーンと軽やかな印象から、切り花として花束やフラワーアレンジメント、

生け花などによく使われます。

花のように見える先端のグリーンの部分は花を包む苞(ホウ)で、

その中にある薄黄緑の小花が本来の花に当たります。

丸みを帯びた形の葉の中心を茎が貫いているように見えることから

「ツキヌキサイコ」という和名を持ちます。

 

 

 

↑フリージア

フリージアは豊富な花色と甘い香りを持つ球根植物です。

原種は約10種ほどですが、園芸品種は150種以上あります。

フリージアの香りは、白色はキンモクセイ、黄色はフルーティーな甘酸っぱい香りと、

花色によって違うのが大きな特徴です。

香りの強さも花色によって異なり、一般には原種に近い白色や黄色が強いとされています。

 

 

↑トルコキキョウ

すっとまっすぐに伸びた茎と、ドレスのスカートのように広がる花びらの様子から

「優美」「すがすがしい美しさ」といった花言葉がつきました。

結婚式のブーケやフラワーアレジメントによく利用されます。

 

 

↑ゼラニウム

切り花で出回っているハーブゼラニウムは、主に葉の形や大きさの違いあり、

全体的に丸い形と葉がギザギザとしているハーブゼラニウムがあります。

切り花の中でも香りが強く、爽やかな香りが特徴のグリーンです。

 

 

↑スイトピー

スイートピーは、甘い香りがするパステルカラーをした優しい印象の花です。

そのかわいらしさから花束やアレンジメント、ウェディングブーケなどに用いられて

プレゼントのお花としても知られています。

スイートピーの花言葉は、花の形が蝶の飛び立っている姿に似ていることから、

『門出』『別離』という花言葉をもつようになりました。

また、別れと出会いの季節である4月頃に花を咲かせることも、

これらの花言葉がついた由来だと考えられています。

スイートピーは国によっては色別で花言葉があり、

ピンクは「繊細」、白は「ほのかな喜び」と言われています。

しかし花言葉はもともと口伝えの曖昧なもので

地域によっても変わるということです。

 

いかがでしたか?

 

今週も少しでも皆さまの心に癒しがお届け出来ます事を願って。

 

 

次回は3月1週目にお会いしましょう。

お楽しみに。

 

T.C Master 朝日 美千子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約はお電話で承ります。

       

9:30-12:00 / 14:00-18:30
土曜日 / 9:00-12:30

受付終了時間:月〜金18:30、土12:30
▲9:00~13:00
※水曜、日曜、祝日は休診になります

ページトップへ戻る