歯周病治療|日野市平山城址公園の歯医者なら、清水歯科医院

0425816480

水曜・日祝休診

歯周病治療

歯周病について

歯周病は主に歯垢(プラーク)によって起こる病気です。歯垢とは歯の表面に付着する粘り気のあるもので、その正体は細菌の塊です。その細菌が歯周病を引き起こすのです。そのため毎日の正しい歯磨きで歯垢を取り除くことがとても大切になります。

すぐに歯周病が発症し、進行するわけではありません。いくつかの段階を踏んで進行していきます。

①はじめは・・・

①はじめは・・・

歯茎が赤く腫れぼったくなり、血も出やすくなります。歯石(歯垢が石灰化したもの)もできます。

②徐々に・・・

②徐々に・・・

歯肉の溝が深くなって歯周ポケットが出来ます。

③そして・・・

③そして・・・

歯周ポケットが進行していき、同時に歯を支えている骨も溶けていきます。

④最終的に・・・

④最終的に・・・

歯がぐらぐらとなり抜けてしまうこともあります。

歯周病は発症後も自覚症状のない段階と、病変が急に進行する段階があります。歯周病はこのように安定期と急性期を繰り返しながらどんどん進行していきます。そのため、一時的な痛みが治まったとしても治癒したとは限らないのです。

予防のポイント

1

口の中を清潔に保ちましょう

歯周病の原因である歯垢を取り除くことが一番大切です。正しいブラッシングで取り除き、口の中を清潔に保ちましょう。歯磨きができない場合は、うがいをして汚れを洗い出しましょう。

2

全身を健康に保ちストレスのない生活を心がけましょう

病気になると抵抗力が低下し、歯周病が進行しやすくなります。ストレスも抵抗力の低下に関係しています。また、ストレスは歯ぎしりの原因のひとつです。歯ぎしりは歯に過剰に負担をかけるため、歯周病が進行しやすくなります。

3

偏食を見直しましょう

規則正しく食事をとりましょう。また、飲み物を摂取する場合、砂糖の摂りすぎに注意しましょう。口の中に食べ物がある時間が長いほど、口腔内にプラークができやすくなります。

4

喫煙は控えましょう

喫煙により歯茎の色が黒ずみます。また、歯周病は症状が表れにくく治療が遅れてしまうことがあります。そして、治療を受けても治りが悪い傾向があります。

大人の予防歯科

歯周基本検査

歯の基本的な検査

歯の基本的な検査
①カリエスチェック
むし歯・粘膜等の異常をチェックします。
②プロービング検査
歯周ポケットの検査をします。
③動揺度検査
歯が動いていないかチェックします。
④歯肉炎症(歯肉出血)検査
歯ぐきに炎症がないかチェックします。
⑤プラーク付着状況チェック
磨き残しがどんな所にあるかチェックします。
⑥レントゲン検査
⑦口腔内写真

TBI

ホームケア

ホームケア
①染め出し
②正しいブラッシングの実践とアドバイス
③補助用具の選び方と使い方
④適切な歯ブラシの紹介
⑤生活習慣へのアドバイス

ブラッシング方法の指導

ブラッシング方法の指導

歯周病の原因である歯垢を取り除くことが治療において一番大切です。わかりやすい図や模型を使って患者さんの正しいブラッシング法の習得をお手伝いします。

口腔ケア

プロフェッショナルケア

プロフェッショナルケア
①飲み込むこと・食べることについてのアドバイス
②歯垢・歯石の除去
スケーリング・PMTCを行います。
③カリエスチェック
むし歯・粘膜等の異常をチェックします。

歯石の除去

歯石の除去

歯周病の原因である歯垢が石灰化した歯石を取り除く治療です。毎日のブラッシングでは歯垢を取り除けますが、歯石を取り除くことはできません。ブラッシングで取り除けない歯石は、専用の道具を使って除去していきます。進行すると歯茎の中まで歯石が付着します。その場合は、麻酔をして奥の歯石を除去します。

噛み合わせの治療

噛み合わせの治療

噛み合わせに問題があって、歯周病が進行する場合があります。この場合は正しい噛み合わせになるよう調整します。歯ぎしりがある場合、スプリント治療を行う場合もあります。

定期的メインテナンス

ホームケアの確立とプロフェッショナルケアでのフォロー

ホームケアの確立とプロフェッショナルケアでのフォロー

1人1人のお口の状態に合わせておすすめの間隔を携帯のCメールやおハガキでお知らせします。
患者様ご自身による正しいホームケアと歯科衛生士によるプロフェッショナルケアを定期的に受けることにより、歯を失うリスクを少なくしましょう。

お子さまの予防歯科

診査

歯の基本的なチェック

歯の基本的なチェック
①むし歯
②歯肉炎
スケーリング・PMTCを行います。
③噛み合わせ
④乳歯交換期のチェック
⑤プラーク付着状況のチェック
お子さまのお口の状況を診査します。

TBI

正しいブラッシングと仕上げ磨きの実践

正しいブラッシングと仕上げ磨きの実践
①染め出し
磨き残しがどんな所にあるかチェックします。
②お子さま自身での正しいブラッシング練習と指導をします。
③保護者の方による仕上げ磨きの実践とアドバイス
お子さまの小さな手でくまなく歯を磨く事はとても難しいのです。小学校高学年になる頃までは、保護者の方による仕上げ磨きが大切です。
④生活習慣へのアドバイス
むし歯のリスクを軽減するために生活習慣に寄り添った食生活をアドバイスします。

クリーニング

1人1人の成長に寄り添うクリーニング

1人1人の成長に寄り添うクリーニング
①歯垢・歯石の除去
スケーリング・PMTC
※専用の機械や器具を使ってお口のクリーニングをします。小さなお子さま、歯科治療が苦手なお子さまも1人1人の成長に合わせて少しずつ器具や機械に慣れていただく練習からはじめますのでご安心下さい。

予防処置

必要に応じた予防のための治療

必要に応じた予防のための治療
①フッ素塗布(必要に応じて)
お口の中をキレイにした後、歯の表面にフッ素を塗布します。歯質強化、むし歯原因菌の抑制が期待できます。
②シーラント(必要に応じて)
奥歯が生え始めた頃にみぞを予め埋めるむし歯の予防治療です。

定期健診

大人になっても健康な歯のために

大人になっても健康な歯のために

子どもの頃から定期的に歯科医院へ通う習慣をつけて健康な歯を守っていきましょう。

google mapで見る

pagetop