一般歯科・小児歯科|日野市平山城址公園の歯医者なら、清水歯科医院

0425816480

水曜・日祝休診

一般歯科・小児歯科

むし歯について

むし歯について

むし歯とはミュータンスと呼ばれる細菌が発生する酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態「う蝕(うしょく)」または、そのような状態になっている個々の歯を指して「むし歯」と呼んでいます。

歯周病と同じように感染症として位置づけられており、初期の段階では自覚症状がないため、自分では気づかないことが多いのが特徴です。

むし歯は、進行度合いによってC1~C4に分類されます。

C1

C1

歯の一番外側のエナメル質が侵された状態。痛みなどの自覚症状はありません。歯の表面にツヤがなく、ときに薄い茶褐色になります。

C2

C2

むし歯が象牙質まで達し、穴があいている状態。冷たい物、熱い物、甘い物、酸っぱい物によって痛みを感じます。茶褐色や黒っぽくなっています。

C3

C3

歯髄まで侵され大きな穴があいた状態。ズキズキと刺すような特有の痛みがあります。

C4

C4

歯肉から上の部分(歯冠)はほとんどなくなり、根(歯根)だけが残された状態。普通は抜歯になります。痛みはなくなり神経は完全に死んでいます。

むし歯になる4条件を取り除く

①むし歯になりやすい質の歯、②歯垢をつくりやすい糖分、③むし歯菌(ミュータンス菌)、④時間の経過、がむし歯になる4つの条件です。むし歯の原因はわかっていますから、この4条件を解消することがそのまま予防につながります。

歯垢は毎日に正しいブラッシングで取り除き、セルフケアではとれない部分は歯科医院で取り除きます。あとはあなたが毎日の生活の中でこれら4つのリスクを減らす努力をしていけば、むし歯の引き金が断たれ良い結果に結び付くでしょう。

小児歯科について

小児歯科について

乳歯が健全か、正しく治療されているかは後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の体の発育にまで大きく影響してきます。乳歯は痛みだしたり腫れたりすると、治療しても経過が悪いのが現実です。

そこで必要なのが早期治療とむし歯予防です。

小さなお子様ならなおさらです。当院ではそれぞれのお子様の性格を理解した上で、根気強くかつ慎重な治療を受けていただけるよう努めております。

フッ素塗布とシーラント

フッ素塗布とシーラント

フッ素塗布とシーラント

フッ素塗布は、歯の表面にフッ素を塗布することで歯の質を強くし、むし歯になりにくくする処理です。

シーラントは、奥歯のかみ合う面(咬合面)にできるむし歯の予防方法です。あらかじめ、むし歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。このプラスチックはむし歯を削った時に詰めるものと同類の「レジン」という材料なので、きちんと埋めていればむし歯にならないという考えで普及し始めました。

このレジンが長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、いずれにしても短期的にはきちんと詰めればそれなりの効果があがっています。生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特にむし歯になりやすいので、この方法は有効です。

フッ素塗布は、歯全体の予防処置ですが、シーラントは奥歯の予防処置になります。
この2つの処置を行っていくことにより、むし歯の予防効果は高くなります。

注意点

フッ素塗布とシーラントはあくまで予防処置ですので、この2つを行ったからといって必ずむし歯にならないというわけではありません。ご家庭では保護者の皆さんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ食生活の環境を改善していってください。

当院では、むし歯になる危険性の高い歯の場合のみに行っています。歯磨きでむし歯予防をすることが原則と考えています。

google mapで見る

pagetop