一般歯科・小児歯科

  • むし歯について

    むし歯とはミュータンスと呼ばれる細菌が発生する酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態「う蝕(うしょく)」または、そのような状態になっている個々の歯を指して「むし歯」と呼んでいます。

    歯周病と同じように感染症として位置づけられており、初期の段階では自覚症状がないため、自分では気づかないことが多いのが特徴です。

    むし歯は、進行度合いによってC1~C4に分類されます。

むし歯の進行度合い

C1

歯の一番外側のエナメル質が侵された状態。痛みなどの自覚症状はありません。歯の表面にツヤがなく、ときに薄い茶褐色になります。

C2

むし歯が象牙質まで達し、穴があいている状態。冷たい物、熱い物、甘い物、酸っぱい物によって痛みを感じます。茶褐色や黒っぽくなっています。

C3

歯髄まで侵され大きな穴があいた状態。ズキズキと刺すような特有の痛みがあります。

C4

歯肉から上の部分(歯冠)はほとんどなくなり、根(歯根)だけが残された状態。普通は抜歯になります。痛みはなくなり神経は完全に死んでいます。

むし歯の予防方法

むし歯になる4条件を取り除く

  1. むし歯になりやすい質の歯
  2. 歯垢をつくりやすい糖分
  3. むし歯菌(ミュータンス菌)
  4. 時間の経過

がむし歯になる4つの条件です。むし歯の原因はわかっていますから、この4条件を解消することがそのまま予防につながります。

歯垢は毎日に正しいブラッシングで取り除き、セルフケアではとれない部分は歯科医院で取り除きます。あとはあなたが毎日の生活の中でこれら4つのリスクを減らす努力をしていけば、むし歯の引き金が断たれ良い結果に結び付くでしょう。

  • 乳歯が健全か、正しく治療されているかは後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の体の発育にまで大きく影響してきます。乳歯は痛みだしたり腫れたりすると、治療しても経過が悪いのが現実です。
    そこで必要なのが早期治療とむし歯予防です。

    フッ素塗布の時期としては、萌えたての歯は虫歯になりやすい反面フッ素を取り込みやすいので、萌えて間もない歯に塗るのが最も効果的とされています。
    当院ではそれぞれのお子様の性格を理解した上で、根気強くかつ慎重な治療を受けていただけるよう努めております。

1人1人の成長に寄り添うクリーニング

歯垢・歯石の除去は、専用の機械や器具を使ってお口のクリーニングをします。

小さなお子さま、歯科治療が苦手なお子さまも1人1人の成長に合わせて少しずつ器具や機械に慣れていただく練習からはじめますのでご安心下さい。お子様の治療に関しては、保護者様もご同席が可能です。お気軽にお申しつけください。

歯の基本的なチェック

診査

  1. むし歯
  2. 歯肉炎:スケーリング・PMTCを行います。
  3. 嚙み合わせ
  4. 乳歯交換期のチェック
  5. プラーク付着状況チェック:お子さまのお口の状況を診査します。

小児歯科で行う予防方法

クリーニング・
歯石除去
小さなお子様は、上手によだれを飲み込めなかったり、よだれを流していたりするため歯の表面に歯石が溜まりやすい傾向にあります。
また、しっかり歯磨きを行っていても数カ月で歯石が蓄積してしまうこともあります。
取り除かず放置すると、虫歯や口臭・歯周病の原因となることがあります。
近年では、子どもも歯周病になることもありますので、定期的な歯垢・歯石除去をお勧めいたします。
歯磨き指導(TBI)

正しいブラッシングと仕上げ磨きの実践

  1. 染め出し:磨き残しがどんな所にあるかチェックします。
  2. お子さま自身での正しいブラッシング練習と指導をします。
  3. 保護者の方による仕上げ磨きの実践とアドバイス:お子さまの小さな手でくまなく歯を磨く事はとても難しいのです。小学校高学年になる頃までは、保護者の方による仕上げ磨きが大切です。
  4. 生活習慣へのアドバイス:むし歯のリスクを軽減するために生活習慣に寄り添った食生活をアドバイスします。
フッ素塗布

お口の中をキレイにした後、歯の表面にフッ素を塗布します。フッ素塗布は、歯全体のむし歯になりにくくするための予防処置として効果的です。フッ素塗布の働きは以下のようなものです。
・歯垢の中に棲息している細菌の活動を抑える
・初期虫歯から健康な歯質への再石灰化をサポート
・歯質が強化されて酸に溶けにくくなる
このようなメリットがあるため、年に2~3回フッ素塗布を行うようにしましょう。

シーラント

シーラントは、奥歯のかみ合う面(咬合面)にできるむし歯の予防方法です。あらかじめ、むし歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
このプラスチックはむし歯を削った時に詰めるものと同類の「レジン」という材料です。  
生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特にむし歯になりやすいので、この方法は有効です。シーラントは奥歯の予防処置になります。

注意点

フッ素塗布とシーラントはあくまで予防処置ですので、この2つを行ったからといって必ずむし歯にならないというわけではありません。ご家庭では保護者の皆さんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ食生活の環境を改善していってください。

当院では、むし歯になる危険性の高い歯の場合のみに行っています。歯磨きでむし歯予防をすることが原則と考えています。

大人になっても健康な歯のために
定期健診をおすすめいたします

子どもの頃から定期的に歯科医院へ通う習慣をつけて健康な歯を守っていきましょう。

ご予約はお電話で承ります。

       

9:30-12:00 / 14:00-18:30
土曜日 / 9:00-12:30

受付終了時間:月〜金18:30、土12:30
▲9:00~13:00
※水曜、日曜、祝日は休診になります

ページトップへ戻る