「免疫力」の高低を左右するのは「体温」だから夏こそ体をあたためましょう!|日野市平山城址公園の歯医者なら、清水歯科医院

0425816480

水曜・日祝休診

TC朝日のブログ

「免疫力」の高低を左右するのは「体温」だから夏こそ体をあたためましょう!

2010.07.15

みなさん♪ こんにちは!
活発な梅雨前線が停滞する影響で、西日本を中心に大雨が続いています。
土砂災害や河川の増水など、引き続きお気をつけください。
関東は今週末頃には梅雨あけとか・・・
いよいよ、夏本番に突入しますね。
「夏」と言えば・・・
220px-Hiyashi_chuka_by_itchys[1].jpg
(フリー百科事典ウィキペディアより・冷やし中華)
「冷やしうどん」や「冷やし中華」、「冷パスタ」に「サラダ麺」、
「ざるそば」や「冷やし坦坦めん」なんかもおいしいですよね。
夏のメニューに欠かせない「冷やし系めん類」!
「ツルツル」とのどごしも良く、
暑くてつい、冷たいものばかりが目に入ってしまいますよね。
でも・・・
ちょっと待って下さい!
冷たい食べ物や飲み物、冷房のきいた室内で冷たくなった体、
一日中体の冷える事ばかり!
これでは、いつの間にか「冷え症体質」になってしまいます。
1年中体が冷えやすくなってしまうそうなんです。
体が冷えると血の流れが悪くなり、「免疫力」が低下してしまいます。
「冷え」は冬だけのものではなく、むしろ「夏」!
油断禁物なのです!
特に女性は男性に比べると筋肉量が少ないので注意が必要と言う事だそうです。
日頃から、防寒対策にはおる物を持ち歩く習慣をつけたり
冷房の設定温度に気をつけたり
体をあたためる食材をとり入れたり
さらに・・・
冷たい食べ物、飲み物のとりすぎにも注意しましょう!
夏こそ体をあたためましょう!
 
                       クリニカルコーディネーター 朝日美千子

google mapで見る

pagetop