診療室レポート第9段!~デジタルX線装置・歯科CT診断装置!|日野市平山城址公園の歯医者なら、清水歯科医院

0425816480

水曜・日祝休診

TC朝日のブログ

診療室レポート第9段!~デジタルX線装置・歯科CT診断装置!

2010.05.22

みなさん♪ こんにちは!
今日も日差したっぷり!とっても良いお天気ですね!
明日からは気温がぐっと下がるみたいですね。
お身体にお気をつけ下さい。
今日は・・・
「診療室レポート第9段」!
「デジタルX線装置・歯科CT診断装置」をご紹介します!
DSCF5330.JPG
当医院は「デジタルX線装置」を使用し撮影しています。
撮影後に現像処理を行わないで、センサーより
コンピューターに画像を取り込んでモニターに写し出す方法で
より詳しくきれいな画像をみることができます。
こちらの装置では「パノラマ」と言って、1枚の写真で骨の状態などを
すべて写し出す事ができる撮影方法で、みなさんのお席の右側の
モニターに、いつも写し出されている画像がその「パノラマ」です。
DSCF5300.JPG
こちらは「CCDセンサー」と言います。
直接、口腔内に入れ、「歯」や「骨」の状態を
「部分的」に撮影します。
DSCF5302.JPG
DSCF5332.JPG
もちろん、このように、使用時は専用のカバーをし、
おひとりおひとりの使い捨てとなります。
次にこちらが「歯科CT診断装置」!
DSCF5298.JPG
約0.1mm間隔で断層撮影ができ、多方面から「歯」や「骨」の
状態を三次元に再現し、確認することができます。
「インプラント」などの外科手術時の診断、歯周病や骨の緻密度を
調べる事ができますので、より安全、確実な診断ができます。
DSCF5333.JPG
そしてこちらが「デジタル解析装置」!
すべての画像の保存ができ、モニターに大きく画像を表示して、
診断や説明時に使用します。
このように、わたしたちは
患者様がより安全に、正確に治療を受けていただけるよう
最新の設備を整えてみなさまをお待ちしております。
             
             クリニカルコーディネーター 朝日美千子

google mapで見る

pagetop