箱根ガラスの森美術館へ~①|日野市平山城址公園の歯医者なら、清水歯科医院

0425816480

水曜・日祝休診

TC朝日のブログ

箱根ガラスの森美術館へ~①

2017.04.06

みなさん♪こんにちは!

今日の東京は晴れです。

 

春たけなわ花の香りあふれる季節となりました。

みなさまおかわりなくお過ごしの事と存知ます。

 

本日は久しぶりのお出かけ!

箱根ガラスの森美術館へ行ってまいりましたので、ご報告したいと思います。

 

まずは、足柄サービスエリアに立ち寄り、ランチタイム!

最近のサービスエリアはフードコートが充実していて目移りしてしまいますが、

私たちは、足柄麺宿さんの「富士山揚げかまうどん」をいただきました。

 

大根おろしのさっぱりとしたお味とコシのある麺がおだしのきいたお汁と

相まって、とっても美味しかったです。

富士山をかたどった揚げかまもかわいいだけじゃなく、良いお味でした。

 

お腹も満たされ、いざ箱根ガラスの森美術館を目指しました。

車を駐車場にとめて入口へ。

はじめに目にとまったのが、こちらガラスで飾られたツリー

太陽の光に照らされキラキラと反射するガラスがまるで宝石のようです。

入館チケットを購入し、早速、中へ。

 

私たちの1番の目的は、Sand Blast (サンドブラスト)の体験工房でグラスをつくる事だったので

まずは1番奥に位置する体験工房さんへと向かいました。

Sand Blast (サンドブラスト)とは、ガラスに砂(研磨材)を吹きかけ、表面をスリガラスに削る技法の事です。

 

かわいらしいこの看板が目印!

 

入口には見本のグラスが展示してありました。

この中から、まずは好きなグラスの形を選びます。

 

次にこの中から、絵柄を選びます。

 

私たちはこちらのシンプルなグラスにしました。

お水を入れても、冷茶を入れても、そしてビールをいれても

マルチに使えそうなのが、決め手でした。

 

そして、中のスタッフの方にやり方を教えていただいていよいよ作業のスタートです。

絵柄は星座とハートにイニシャルを選択!

星座の星が非常に小さくて細かい作業が続きます。

 

やっと完成し、グラスの好きな位置に絵柄を貼っていきます。

 

貼り終わったら、絵柄以外の部分をすべてこのようにマスキングテープで覆います。

隙間がないか良くチェックしたらいよいよグラスに柄をつけていきます。

 

ブラストマシーン(下写真のマシーン)を使用し、砂を吹き当てて絵柄の中をスリガラスにします。

砂はフットペダルを踏む事で右手に持っているペン型のマシーンの先から吹き出てきます。

思った以上に砂が吹き出てくるので慎重に作業を進めます。

 

ブラストマシーンから出した状態です。さあ、上手く削れているのでしょうか?

マスキングテープと絵柄シールをはがしたら、完成です!

 

完成したグラスがこちら!

これで、乾杯する日が楽しみです(^-^)

 

みなさんもぜひ、箱根ガラスの森美術館へお越しの際は、

小さなお子さんからご年配の方まで気軽にチャレンジ出来そうなので

旅の思い出にいかがですか?

 

と言う事で今日はここまで。

次回は庭園の中へとご案内して行きます。

 

T.C Master 朝日美千子

 

google mapで見る

pagetop