院内プチ情報~4月の紙コップ|日野市平山城址公園の歯医者なら、清水歯科医院

0425816480

水曜・日祝休診

TC朝日のブログ

院内プチ情報~4月の紙コップ

2017.04.03

みなさん♪こんにちは!

今日の東京は晴れ。

 

春まさにかけなわ、ここかしこを吹く風も桜色に染まって見える季節となりましたね。

何とはなしに気持ちまで華やいでまいりますが、みなさまつつがなくお過ごしでしょうか。

 

本日は院内プチ情報と言う事で、4月の使い捨て紙コップの更新のお知らせです!

かわいく、おしゃれをしたうさぎや卵がいっぱい!

今回は「イースター」!

 

日本でも海外のイベントを取り入れ、楽しむようになってきましたが、

ここ数年、少しずつ定着しつつあるのが「イースター」。

 

カラフルに彩られた卵やうさぎを街のショーウィンドウで見かける事はありませんか?

 

本来の「イースター」はキリストの復活をお祝いするお祭り「復活祭」です。

 

キリスト教徒の方たちはクリスマスと同じように家族でごちそうを食べお祝いするのですが、

その時に卵を使った料理やゆで卵をふるまったりします。

卵はキリスト教において「生命の誕生」を意味する大切なものだからです。

 

また、卵を使った遊びを行なうのも特徴だそうです。

 

庭や家に隠した卵を探し当てる「エッグハント」や

スプーンに乗せた卵を割らずに誰が一番はやく運べるかを競う「エッグリレー」など

いずれも綺麗に彩られた「イースターエッグ」を使用するのが特徴だそうです。

 

「イースター」にうさぎが登場するのはなぜかと言うと、うさぎは、たくさん子どもを産む事から

「豊かな生命の象徴」とされるからなんだそうです。

 

飾られているうさぎや卵はチョコレートで出来ていて空洞になった中には

ちょっとしたプレゼントを入れて渡す事もあり、子どもたちに大人気!

指輪を入れて、恋人にプロポーズ、なんて素敵な事もあるそうです。

 

また、「イースター」の由来は春の女神の名前が由来で、

春をお祝いするお祭りの女神の名前とキリストの復活とともに、

冬から春へ季節をお祝いする復活祭が融合して

「イースター」になったと言われているそうです。

 

いずれも、本日より、期間限定、数量限定となります。なくなり次第終了です。

何になるかは、お楽しみに!

 

T.C Master 朝日 美千子

google mapで見る

pagetop