当医院の滅菌システムについてのお知らせ|日野市平山城址公園の歯医者なら、清水歯科医院

0425816480

水曜・日祝休診

TC朝日のブログ

当医院の滅菌システムについてのお知らせ

2014.05.19

みなさん♪こんにちは!
5月も後半にはいり、吹く風も夏めいてきましたね。
今日は当医院の滅菌システムについてお知らせしたいと思います。
5月18日(日)讀賣新聞の朝刊1面に、下記のような記事が掲載されていました。
ご覧になられた方もいらっしゃると思います。
記事の内容は、歯を削る医療機器(ハンドピース)を滅菌せずに使いまわしている
医療機関が約7割に上る可能性がある事がわかり、患者様がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、
院内感染の懸念を報告するものでした。
調査は、特定の県の歯科医療機関に対し実施したものですが他の県でもいわゆる
「使いまわし」が71%だったとの事でした。
そこで、あらためて当医院の滅菌システムについて再度お伝えしたいと思います。
当医院では歯を削る医療機器(ハンドピース)については、ドイツ、シロナ社の滅菌機器を導入しています。
ダック1.bmp
ダック2.bmp
1本ずつ隅々まで洗浄、滅菌された「ハンドピース」(歯の切削器具)は患者様お1人お1人新しいものに交換しています。
ダック5.bmp
その他の歯科医療器具も超音波洗浄機、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)、ガス滅菌器、を使用し、すべての歯科医療機器、器具の洗浄、滅菌を徹底しています。
また、歯科医療安全対策にかかわる研修等を全スタッフに実施しています。
ダック3.bmp
ダック4.bmp
このように当医院では、院内感染対策、医薬品取り扱い管理対策、放射線安全対策、
医療廃棄物管理対策、及び歯科診療安全管理対策を徹底し、
厳しいヨーロッパ基準と同じ衛生環境の下、「安全」と「安心」な治療をご提供しています。
トリートメントコーディネーター
朝日 美千子

google mapで見る

pagetop