「アスリート」と「歯」|日野市平山城址公園の歯医者なら、清水歯科医院

0425816480

水曜・日祝休診

TC朝日のブログ

「アスリート」と「歯」

2010.06.15

みなさん♪ こんにちは!
今日は晴れて、夏のように暑いですね。
昨夜は「2010FIFAワールドカップ」!
ご覧になりましたか?
200px-Generic_football[1].png
(フリー百科事典ウィキペディアより・一般的にイメージされる
切頂二十面体のサッカーボール。サッカーボールの代表的なデザイン)
「不屈のライオン」カメルーンに終盤の猛攻をしのぎ切り、
初勝利しましたね。
深夜まで、多くの人たちが応援していたのではないでしょうか。
次戦もこの勢いで強豪に立ち向かってほしいですね。
ところで・・・
サッカー選手に限らず、スポーツ選手、オリンピック選手などの
アスリート達にとって、「歯」は切っても切れない大切な
関係なのはご存じですか?
「瞬発力」を発揮する必要のあるアスリート達は、
しっかり「奥歯」で噛みしめる力が大切です。
奥歯で噛みしめた時にかかる力は
平均50㎏~70㎏だそうです。
相撲の力士では100㎏を超える事もあるそうなんですよ。
それだけ「歯」にはかなりの力がかかっていると言う事なんです。
実際、アスリートの多くは「歯の噛み合わせ」に
気を配っている事が多いようです。
「歯の噛み合わせ」の「ズレ」があごの筋肉を
引っ張り、「首の骨」と「神経」を圧迫して
体に悪影響を及ぼす可能性があるからだそうです。
(神奈川・FM放送「スポーツと歯」より)
余談ですが・・・
日本歯科医師会から「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」賞を
受賞した現在大リーガーで活躍中の「イチロー選手」は
「歯磨きは5回!おふろに入る回数と同じです。」
とコメントされたそうです。
一流の選手たちが本番、最大限の力を発揮するには
「歯」は切っても切れない関係!
「歯」を大切にしている選手たちは多いのです!
             クリニカルコーディネーター 朝日美千子

google mapで見る

pagetop