「ビタミンB1」の役割と体内力 | 清水歯科医院

042-581-6480

清水歯科医院

TC朝日のブログ

「ビタミンB1」の役割と体内力

2010/12/07

みなさん♪こんにちは!
今日の東京は日差しがやわらかでとっても良いお天気ですね。
本日のお話は「ビタミンB1」!
「脳」や「神経」の働きをサポートする「ビタミンB1」!
「ビタミンB1」が不足すると・・・
*疲れやすい
*精神的に不安定
*肩こり・腰痛がある
これから忘年会の時期、
*お酒をたくさん飲む人
も「ビタミンB1」が不足がちになります。
では「ビタミンB1」にはどんな役割があるのでしょうか?
糖質がエネルギーとして「脳」などで利用されるには
「酵素」によって分解されることが必要です。
この「酵素」を助ける補酵素が「ビタミンB1」!
「脳」や「神経」の働きをサポートしてくれるんですね。
また、「ブドウ糖」から「エネルギー」を
生成するときに使われるのも「ビタミンB1」!
だから、不足すると「疲れやすくなる」のです。
多く含まれる食材は・・
豚ヒレ肉・一口カツなら4枚!豚ロース肉・ソテーなら1枚!だそうです。
栄養士さんにうかがったら、「ビタミンB1」は
「熱」に弱く、水溶性!調理損失を減らすには
電子レンジで加熱時間を短縮することがポイントなんだそうです!
これからの季節は体温が下がって「免疫力」も低下。
油断するとすぐに体調を崩してしまいます。
体内力を育てて、毎日を元気に過ごしたいですね。
E032901[1].jpg
(yahooグルメより:ポークソテー)
                         クリニカルコーディネーター 朝日美千子

ページトップへ戻る