2020年1月のお花③|日野市平山城址公園の歯医者なら、清水歯科医院

0425816480

水曜・日祝休診

今週のお花

2020年1月のお花③

2020.01.27

みなさま、こんにちは!

T.C Masterの朝日美千子です。

 

本日は東京も雪の予報。

そのせいでしょうか。ことのほか冷気が厳しく感じられるようでございます。

みなさまお風邪など召してはいらっしゃいませんでしょうか。

 

本日は、1月5週目のお花をご紹介させていただきます。

 

 

↑こでまり

手毬のように球状で、小さな花を枝先いっぱいに咲かせる「こでまり」は春を代表する花木です。

庭木として江戸時代から親しまれてきました。

 

 

↑ゼンマイ

春を感じさせる代表で、山菜の王者「ゼンマイ」は全国の山野に自生しており、

春先に摘んだ若芽を食用とします。

 

 

↑シンビジウム

胡蝶蘭と並んで人気の高いシンビジウムは、花姿が良く、洋ランの中では

花もちも良いのも人気の1つです。

 

 

 

↑ビバーナム

花や実の色の変化が楽しめ、花の雰囲気が「紫陽花」と似ていて、

紫陽花の仲間と思われる方が多いようですが、葉に違いがあり、

写真のように3つにさけたような形をしているのが、「ビバーナム」です。

 

 

↑ねこやなぎ

早春のまだ寒さが厳しい頃、枝先に柔らかな絹毛につつまれた花芽をつけます。

冬芽は赤い帽子のような殻にすっぽりと覆われていますが、春の訪れとともに

殻を脱ぎ捨て、白銀色に輝くふわふわした花芽がふくらみ始めます。

 

 

↑ラナンキュラス

幾重にも重なった豪華で可愛らしい春に咲く球根植物です。

 

 

↑紫陽花

一般に花と言われている部分は装飾花で、花びらのように見えるのはガクです。

梅雨の庭を美しく彩る紫陽花は、日本で古くから愛されてきた花木です。

 

 

いかがでしたか?

待ち時間にぜひ、ご覧になってください。

 

次回は2月3週目にお会いしましょう。

お楽しみに。

 

T.C Master 朝日 美千子

google mapで見る

pagetop