「悲しみのストレス」とNK(ナチュラルキラー)活性 | 清水歯科医院

042-581-6480

清水歯科医院

TC朝日のブログ

「悲しみのストレス」とNK(ナチュラルキラー)活性

2010/11/30

みなさん♪ こんにちは!
今日の東京は良いお天気でしたね。
夕方からはぐっと寒くなってきますね。
本日はNK(ナチュラルキラー)活性が
激しく低下する「悲しみのストレス」についてをお伝えしたいと思います。
NK(ナチュラルキラー)細胞が「精神的ストレス」の影響を受けることは
すでに前のブログでお伝えしましたので、みなさんご存知ですよね。
「精神的ストレス」にもさまざまなグレードがあり、
最も動物実験で、「NK(ナチュラルキラー)活性」が下がったのは
「子育てしている母親から子どもを取り上げた時」だったそうです。
これは人間でも同じ!
「悲しみによるストレス」は激しくNK(ナチュラルキラー)活性を
低下させ、さらに、なかなか回復しないと言われているそうです。(暮しと健康より)
NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化するのは
「気持ちを発散している時」「脳が快楽を感じている時」
「ストレス」をいかに断ち切るか、どう気晴らしをするのかが
非常に大事なんだそうです。
没頭できる趣味や気心のしれた友人との時間!
気分転換を上手にして、「脳が喜ぶ方法」を見つけてみましょう!
DSCF6606.JPG
(沖縄にて撮影:プールサイドでゆったりのんびり!私の気分転換!の1つです!)
                        クリニカルコーディネーター 朝日美千子

ページトップへ戻る